MLBチケット|定価で購入


NEWS





2017.0602更新
MLB.comからチケット購入に関して
チケット購入する際に、「https://mpv.tickets.com/〜〜」へリンクされる球団があります。
購入手続きを進めていくとPOSTAL CODE(郵便番号)を入力する項目があるのですが、何を入れてもエラーとなり先へ進めません。
問い合わせをしたところ、根本的な解決方法の案内はありませんでした。
こちらに関して、進捗があれば改めてお知らせいたします。

2015.0811更新
お問合せについて。
「お問合せ」の返信を受ける際、PC mailからの受信を出来るよう設定お願いいたします。お問合せをいただいて返信しても、エラーで送信出来ない状況が多くございます。宜しくお願いいたします。

2015.0529更新
スポーツWEBマガジン「SPORTS NEWS. club」創刊!

2015.0523更新
PHOTO GALLERY追加しました。
April 2015/SAN FRANCISCO PHOTO >>
April 2015/OAKLAND PHOTO >>
April 2013/CHICAGO PHOTO >>
April 2012/BOSTON PHOTO >>

2015.0507更新
現地昨日(5/2)の、アナハイムvsサンフランシスコ。
AT&T PARK bleacherの動画をUPしました。




英語が苦手な方でも大丈夫
「MLBチケット|定価で購入」


英語や金額が壁となり「夢」を諦めるのはもったいない。私は、BOSTON(フェンウェイパーク)CHICAGO(リグレーフィールド)、SAN FRANCISCO(AT&Tパーク)、OAKLAND(オードットコー コロシアム)と観戦経験があるのですが、英語が得意なわけではありません。むしろ無いに等しく、あるのは「メジャーリーグが観たい」、この気持ちだけです。


「MLBチケット|定価で購入」では、私が実際にMLBチケットを手配する際に使っている米国のサイトを紹介します。全て英語のサイトになりますが、一つ一つ確認していけば必ず購入できます。ヤンキース戦も購入可能です。分からないところがあれば、「Contact」まで、お気軽にお問合せください。私も分かる範囲で「メジャーリーグ チケット購入」のサポートいたします。

これから観戦予定の方、MLBチケットが取れなくてメジャーリーグ観戦をあきらめていた方の、お役に立てればなと思っています。自分で購入する...いいものです。

英語でのコミュニケーションに少し余裕のある方は、発券手数料(約10ドル前後)の掛からない現地購入が一番ではあります。もし現地購入にご興味ある方も、「Contact」まで、お問合せくださいませ。

1.MLB.com


メジャーリーグの公式サイト。各球団のページから購入可能。自身で細かな座席指定も可能です(※一部球団不可)。

「MLBチケット|定価で購入」、サイト名の通り、定価で席を取れるのがメリットです。同じボールパークでも、対戦チームや曜日によって価格設定が異なるので、MLB.comを参考に価格を把握してください。

このサイトで手配出来るようになれば、基本、他のサイトを使うことがなくなります(年間指定席等、プラチナチケット入手方法はコチラ)。毎年およそ、2月くらいからメジャーリーグ各球団発売を開始しています。サイトを閲覧していると、それらの変化にも気がついてくると思うので、閲覧の習慣をつけるといいかもしれません。

ヤンキースタジアム(ニューヨーク ヤンキース主催ゲーム)の観戦チケットは、ticketmasterでの販売となっています。

※注意:開催間近(約1ヵ月)の場合、受取りは必ず「Will Call」or「Digital Delivery(電子チケット)」で。私事、どうしても実物のチケットが欲しく、「Mail便」にしたのですが、、、案の定、渡米前に届かず、試合当日、現地の「Will Callカウンター」へ行き、チケットを受取っていない旨を伝える必要がありました。

結果、「クレジットカードを出して」みたいなことを言われ提出し、実際のチケットを発券してくれました。結局、MLB.comへ登録したクレジットカードがあれば、何とかなったのですが、これは結果論であり、上手く行かない場合もあるかもしれないので、できれば最初から「Will Call」or「Digital Delivery」をおすすめします。

「Will Call」の場合も同じで、窓口へいく必要はありますが、担当者に「Will Call」「Today's game」などを伝えると、「クレジットカードを出して」みたいなことを言われるので、そのまま提示するだけです。


MLB.comからの購入手順はコチラ

日本で言うところの、「チケットぴあ」みたいなもの。

ヤンキースタジアム(ニューヨーク ヤンキース主催ゲーム)の観戦チケットは、MLB.comではなく、ticketmasterでの販売となっています。ticketmasterでは、MLB以外にも、そのほか米国スポーツ、イベントなど幅広い取扱いになるので、タイミングが合い同じ都市でNBAなど開催されていればこちらのサイトから購入してはいかがでしょうか。


ticketmasterからの購入手順はコチラ

3.Stubhub!!


各チーム公認チケット転売サイト。基本、定価より高めですが、MLBチケットをとったものの観戦できなくなった人や、年間契約をしている方が、売りに出していたりしているサイトです。なので定価からそんなにかけ離れることもないのですが、転売でお小遣い稼ぎをしている人もいるので値段の比較は怠らないようにしてください。

MLBワールドシリーズのプラチナチケットも入手可能。とはいえ、MLBファンの夢、ワールドシリーズともなると、立見で500ドル〜、ベンチ裏で2,000ドルとか半端ない価格でした。恐らく定価でもそこそこの金額での販売されているものと思われます。

ワールドシリーズとは言わず、【リーグチャンピオンシップシリーズ】ヤンキースvsボストン@ ヤンキースタジアムorフェンウェイパークとか個人的にですが非常に魅力的ですね。そんな試合も観戦できる可能性はあるのです。

3サイトとも登録なしで(購入の際は要登録。もう購入を心に決めている方は予め登録しておいたほうが良いです)、MLBチケットの詳細を確認できるので、遊びがてらどんなものなのかアクセスしてみるのもよいですね。


Stubhub!!からの購入手順はコチラ

BALLPARK TOUR


MLB観戦一人旅



何といっても大好きなメジャーリーグ観戦を、自分でプランニングできます。
1. いつ観戦に行くのか(行けるのか)?
2. 何を観るのか?
3. 観戦チケット・航空券・宿の手配
大まかにこんなところでしょうか。個人的なプランの立て方になるので参考になるところだけピックアップしていただければ助かります。

「1. いつ観戦に行くのか(行けるのか)?」。仕事や家庭、もろもろ調整のつきにくいのがこの部分ですよね。しかしこの過程さえクリアすれば、あとは楽しい調整しか出てきません。

「2. 何を観るのか?」非常に重要です。「初 MLB観戦」なら出来る限り妥協した観戦はしないでほしい。「ヤンキースを観たい」「フェンウェイパークで観たい」「リグレーフィールドで観たい」「好きなあの選手を観たい」など、自分の憧れを大切にしてほしい。私の場合、「ボストンvsヤンキース@ フェンウェイパーク」だったので、その気持ちを重視し、その感動たるや半端ではありませんでした。この感動があるからこそ、「絶対に来年も!」と行動に起こせるのではないのでしょうか。

「3. 観戦チケット・航空券・宿」の手配。「観戦チケット」に関しては前項の通りです。「航空券」は、観にいくところにもよりますが出来れば直通便がいいですよね。且つ、ANAやJALだと諸々安心したフライトができます。フェンウェイパークへ行った際、行きも帰りもデトロイト経由ボストン行きだったのですが、乗り継ぎ時間がおよそ10分くらいしかありませんでした。予定では90分あったのですが、到着が遅れてしまうのですね。。。帰りに至っては空港をダッシュです。今となっては楽しい想い出ですが、デトロイトで置いてけぼりにされる自分は想像したくありません。

そして「宿」。メジャーリーグ観戦に絞ったのなら出来るだけ、ボールパークからアクセスがよく、且つ安い方がいいですよね。お金に自由が利くのならたくさん選択肢はありますが、なるべく旅費をやすくしたい方なら、しっかりと探さないといけません。1日5,000円以内でボールパークまでのアクセスも悪くない安宿はどの地域にも探せばあるものです。試合後にボールパーク近くのバーで野球好きが集まりワイワイしています。会話は分かりませんが、その雰囲気も楽しみの一つです。

しかし、「航空券」も「ホテル」の手配も思いのほか億劫だったりしませんか?「航空券」、「ホテル」の相場が分からなければ比較のしようがありませんし、相場を知るために、いくつかのサイトを閲覧し、渡米希望日時の往復航空券の価格を調べ、さらにホテルを調べ…渡米日時によって航空券の値段が数万円変わることもあったり...。

私が閲覧しているのが、「Expedia(エクスペディア)」。渡米日/現地出発日・行き先を入力するだけで「往復航空券+ホテル」のリストを閲覧でき、そして「低価格順」に並べ替えて選ぶだけで簡単に予約完了というわけです。少し細かく言うと、「往復航空券」は乗換え(トランジット)有りが安く、直通が割増になるのが常となっており、「ホテル」も1泊約2,000円~となっています。おおよそ、複数のサイトで調べても、結局「Expedia(エクスペディア)」にお世話になってしまいます。さらに「往復航空券+ホテル」の必要書類がまとまって管理できるのも安心です。

とはいえ、一番安いからという理由だけで選ぶのではなく、観戦場所までの距離や、治安(ユーザーボイスなど参照にし)など考慮し、バランスよく選ぶことができれば、安心してメジャーリーグ観戦に没頭できるので、一通りリストは確認するようにしましょう。

なかなか自分の都合だけで渡米日を決められないかと思いますが、上手くバランスをとってみてください。